診療内容

  1. HOME
  2. 診療内容

整形外科

体の痛み・違和感を
診断・治療します

日本専門医機構認定整形外科専門医による診断・治療を行っています。
整形外科は「骨・関節・筋肉・靭帯・腱」などの病気やケガの診断や治療が専門です。
内臓ではない体の痛み、違和感がありましたら、どうぞご相談ください。

当院で診断・治療ができる症状

当院で行う治療

治療方法は1つではありません。患者さん一人ひとりのご希望や生活スタイルに合わせた、適切な治療方法をご提案いたします。

日常生活指導

日常生活指導

日々の生活習慣などが、痛みの原因となっている場合も多くあります。姿勢や歩き方などを改善し、軽い運動やストレッチ指導などで、症状の改善をはかります。

薬物療法

薬物療法

痛みやコリというような症状を抑える薬や漢方などの内服薬、湿布、点滴、注射などで体の内側・外側から症状を和らげます。

注射

注射

  • トリガーポイント注射
    肩こりや腰の痛みなどを緩和します。
  • 膝や肩への関節内注射(ヒアルロン酸や痛み止め注射)
  • 硬膜外ブロック注射

再生療法

再生療法

PFC-FD療法(自己成長因子を使った損傷部位の治療)

処置

処置

切り傷、擦り傷の処置、骨折・脱臼などの整復や固定。手術が必要な場合は連携先の病院をご紹介します。

コルセットなどの装具

コルセットなどの装具

腰やひざ、足、手の痛みに対して、コルセットやサポータ、足底板を付けることで痛みを緩和させます。

日常のケガ(外傷)

「外科」でもありますので、日常生活でのケガの縫合やキズの処置なども行います。
初期段階できちんと手当をすると、きれいに回復し、キズが残りにくくなります。
なかなか血が止まらないとき、やけどやケガをしたときなど、小さいお子さんからご年配の方まで、お気軽にご相談ください。

交通事故、仕事中のケガ(労災)

交通事故(自賠責)

当院では、いわゆる「むち打ち症」(外傷性頸部症候群)や骨折、打撲をはじめ、交通事故に伴うさまざまな外傷や痛み、体の不調などの検査・治療を行います。
事故直後には症状らしきものが見られなくても、実際には何らかの損傷を受けているケースが少なくありません。
また、症状が慢性化する恐れもありますので、交通事故に遭われた際は、自覚症状が軽かったり、痛みがなかったりするようでも、一度、受診していただくことをおすすめします。

労災(労働災害)

雇用されている方が仕事中や通勤中に事故やケガをした際に、治療費用が保険給付される制度を労働災害補償保険といいます。
必要な書類をお持ちいただければ、窓口での負担なく、治療を受けていただけます。

RECRUIT

私たちと一緒にはたらいてみませんか?

  • 医療事務(常勤・パート)
  • 柔道整復師(常勤・パート)